wedding

結婚に必要な費用や挙式スタイルを知り、理想の結婚式を挙げる方法

白無垢姿の花嫁

wedding

結婚式のスタイルの一つに神前式、または神前結婚式と言われる日本古来の伝統的な結婚式のスタイルがあります。神殿にて行われ、花嫁さんの白無垢姿とても厳かで美しいと人気の結婚式のスタイルです。そして最近では、有名な女優さんが神前式を行なって若い女性にも静かにブームになりつつありますし、ウェディングドレスにも引けをとらない純白の着物は花嫁さんの清純さや神聖さを引き立てる白無垢姿に憧れる女性は少なくないでしょう。
日本古来の結婚式のスタイルである神前式・神前結婚式ですが、西洋式のチャペルスタイルの結婚式と比べるとその歴史は意外と新しいということを知らない人も多いのではないでしょうか。神前式・神前結婚式は昭和33年に当時の皇太子殿下(のちの大正天皇)が日比谷大神宮(現在の東京大神宮)で挙げられたのが最初だそうです。現在では多くの新郎新婦が神前式を行なっていますが、進行が教会やチャペルの結婚式を日本風にアレンジしたホテルや結婚式場のスタイルが多いのはその影響のせいかもしれません。
本格的な神前式・神前結婚式は新郎新婦の家と家を結びつけるのが結婚であるという考え方に基づいて、神社で神職と巫女がご両家の縁結びをし、花嫁さんは美しい白無垢姿で三三九度の杯を交わす儀式をする挙式です。
日本の伝統を大事にしていきたいカップルや、結婚はふたりだけのことでなく「お互いの実家と実家が結びつくこと」と捉えているカップルには神前式はオススメの挙式だと言うウエディングプランナーもいます。また神前式にかかる挙式費用は三万円から四十万円程度になっており差はありますが、一般的には教会やチャペルでの挙式スタイルに比べてリーズナブルな価格設定になっています。
格式高い雰囲気で執り行う儀式でふたりの絆は深まりますし、静寂の神社の中で緊張した面持ちで普段身に付けること無い白無垢姿の花嫁さんは何年経っても忘れることない思い出になるでしょう。