女性

こんな人は服用できない アフターピル

妊娠する前にアフターピルを備えておくことは大切なことですし、望まない妊娠は避けたいですよね。
しかしアフターピルでも服用できる人とできない人がいるのです。アフターピルを購入する前に一度あなたに当てはまる症状がないか確かめてください。

アフターピルを飲むことできない人は、
・血栓性がある女性やタバコを吸う女性
・婦人病を患っている女性
・糖尿病を患っている女性
・妊娠をしている女性
・授乳中の女性
・産後の女性
・手術前後の女性
上記の女性の皆さんはアフターピルの服用が禁止されています。
というのもアフターピルのようなピル系の成分として血液が固まりやすい作用があるために症状を悪化させてしまう恐れがあるということなのです。
その他にも婦人病を患っている女性も飲むことができないのです。こちらもアフターピルの成分に関することで病状を悪化させてしまうのです。危険

アフターピルを服用していいか不安な女性や上記以外の持病がある女性は、病院や産婦人科へ相談した方がいいでしょう。アフターピルは正しく飲めば体に害はほとんどありませんが、何度も短期間で服用してしまうと、アフターピルに含まれるホルモンの影響などで体調を崩してしまったり、血栓が出来やすくなったりします。そして、生理の周期も整うのにだいぶ時間がかかってしまう可能性もありますので服用はしっかり守って使いましょう。
もしも、頻繁に使うの時はアフターピルではなく低用量ピルでの避妊の方がいいでしょう。
低用量ピルもしっかりと避妊をしてくれますよ。

どうせアフターピルを飲むのなら避妊がしっかりとできて、体への負担も最低限に減らしたいですよね。

私もアフターピルを通販で購入しましたが、彼にはコンドームを着けてもらって避妊をしています。あくまでもアフターピルは避妊に失敗してしまった時の対策として購入したものです。なので普段はコンドームでの避妊をします。